- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト高知

トヨタ・シエンタ

高知県香美市よりお越しのA様

【TOYOTA・シエンタ】ガラスコーティング施工:ご紹介です。

2015年にフルモデルチェンジとなり初代シエンタの可愛らしい丸目のヘッドライトからガラリと変わりスポーティーなイメージが強くなりました。またインテリアも落ち着きのあるお洒落な雰囲気でドライブが楽しくなる室内空間であります。

さてこれまでも新車コーティングのうんてく的な事を色々と発信してきましたが、新車の車両でも塗装面には細かなキズが見受けられるケースがあります。

新車の車両はメーカー工場出荷の際にキズ付き防止のため、ラップガードという保護シールが張られたり、またこの新車の届先を明確にするためフロントガラスにマーキングを示したり、内窓には張り紙を色々と貼り付けて出荷されます。

塗装面や窓ガラスをよく見ますとシールやテープを剥がした跡が残って見えます。
それらの跡を除去する際などに、細かなキズがつくケースが予想されますね。
新車コーティング、塗装面の下地処理は色んな意味で大切だと思います。

コーティング店やコーティングを扱うお店の中には大量施工で回転をドンドン回し、数をこなす施工のやり方も珍しくはありません。ですので新車施工の場合はコーティング剤を塗って終わりとう事も現状ありえる話であります。

リボルト高知ではコーティング1本で勝負をしております。
ちゃんとやってほしいと願う多くのオーナー様よりお問い合わせを頂ております。
高額な料金のコーティングでありますので、しっかりと施工手順を経て愛車のコーティングを施工する事が理想であります。

img_9380.jpg

新車の塗装でありますので、中古車並みにガンガン磨くという事はしておりません。
細かなキズの状態に応じまして、新車の塗装に考慮した下地処理をおこないます。

下地処理後にはガラスコーティング剤「リボルト・プロ」を2層コーティング。
完全硬化後には紫外線軽減効果を用いるトップコートを更にコーティングして仕上げていきます。

img_9378.jpg

コーティング後は濡れたような光沢とカラーリングの深みが増し美しさを引き立ててくれます。

納車時にお渡ししております、メンテナンスリキッドにも紫外線軽減(UVカット)機能の効果があります。
普段の洗車時に使用し重ね塗りをおこなう事でリキッドの層が出来この艶と輝きが維持できます。
この度は、リボルト高知に、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年12月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング無塗装部パーツコーティングホイールコーティング洗車サービス