- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト高知

BMW130I

高知市よりお越しのN様

電動化の波が押し寄せてきて内燃機関の存続自体が危ぶまれる中で、大排気量の直列6気筒NAエンジンのFR車を6速マニュアルで操れる…
車好きな人ならヨダレが出てしまうような魅力があると思います。

シルキーシックス。
車好きなら誰もが耳にしたことのあるワードではないでしょうか。
BMWの、シルクのようにきめ細やかな直列6気筒エンジン。

コンパクトなボディに直6エンジンをねじこむだけでも驚きなのに、それをMTで操る楽しみは乗っているオーナー様しか恐らく分からないでしょうね。
私的にこういう車大好きです、
本気で147GTAを購入考えていた事もありました。

さて、発売から数年経過しており、やはり塗装のダメージはありますが・・・
ただ、オーナー様の愛着を感じるお手入れのおかげで深刻なレベルでは無かったとので良かったと思います。

ただ、経年車の塗装に関しては、やはり最新の注意が必要でした。
何故なら肌そのものが、経年劣化しており過度の磨きで塗装本来飛ばしてしまう恐れがあるからです。

一部、クリアが深刻な部分もありましたが、きっちりぼかすイメージで取り掛かりました。

塗装表面のボケも改善でき、次に行う工程はコーティングです。美しく生まれ変わったボディの状態を維持しやすくし、艶、輝きを更に一段増す効果があります。

保護力、防汚力もアップするので、この状態をより長く維持しやすくなります。
コーティング剤は、当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮・濡れたような艶・防汚効果に優れています。
またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。
コーティング後は、当店からお渡ししておりますメンテナンスキットを使用して、正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡り美しい状態を維持できると思います。

施工時期:
2019年11月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング無塗装部パーツコーティング