- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト高知

ボルボ XC60

愛媛県よりお越しのN様

ボルボXC60の入庫です。
県外からのお客様でディーラー納車日に直接お持ちいただきました。

いつ見てもボルボのデザインは唯一無二な感じで、派手さもないですが不思議にモダンな北欧デザインのエクステリアが、日本にもマッチしてますよね。

XC60はカジュアルでもビジネスシーンましてや冠婚葬祭すべてオールマイティに似合う車だと思いますし、なにより飽きのこないデザインが日本人にもマッチしてます。

写真にはないですが、「XC60 T5 AWDインスクリプション」の内装は天然木や上質なレザーで仕立てられていて、無機質な空間ではなく我が家にいる様な落ち着きも与えてくれています。
さすが北欧スウェーデンのブランド!!

さて今回のオーダーは「リボルトプロ」「ホイールコーティング」「窓ガラス全面撥水」「内装シート全面コーティング」となります。

まず洗車後に全体を見ると部分的にオーロラマークが発見できました。
塗装面に多少のダメージが発見された場合、どこかしらの場所でそれを磨き落とすという作業がおこなわれます。
その磨きのクオリティがよろしくないため、磨きのムラが発生し、それが光を乱反射させ、本来の艶や輝きを損ねる「オーロラマーク」として残っていることが往々にしてあるのです。

それがこちらです。

img_8716.jpg

img_8717.jpg

img_8714.jpg

img_8713.jpg

下地処理(磨き)というのは、ただ磨けば良いという単純な物ではなく、塗装質・カラー・状態の違いに合わせ、的確にアプローチをかけていく必要があります。

特にブラックカラーともなれば細心の注意が必要ですから、当店のように整った環境と技術力を持ち合わせてなければ満足の行く出来栄えに到達するのは難しいかと思います。

img_8720.jpg

img_8725.jpg

今後はセオリーに則り洗車を心がけていただけたら、この状態を長く楽しんでいただけるものと思います。
この度は用命を賜りまして誠にありがとうございます。

施工時期:
2019年6月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング無塗装部パーツコーティング窓ガラス撥水加工シートコーティング