- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト高知

トヨタ・ハリアー

高知市よりお越しのK様

トヨタ・ハリアーマイナーチェンジ車両が入庫しました。

見た目はそれほど大きく変わっていない印象ですが、まとまり感であったり、細かい部分が変更されており、ずっとモダンな雰囲気になりましたね。

初期型のスタイリングも良かったですが、クラウンの様なアップデート的な感じで、誰もが受け入れられるスタイリングとなりました。
さらに、最近ちらほら見受けられるようになった、流れるウインカー「シーケンシャルターンランプ」がハリアーにも採用されグレードアップしています。

2.0リッター直噴ターボエンジンはトヨタやレクサスにとって新しい主力となるエンジンの1つで、車種によって味付けを変え、今後の方向性が楽しみなエンジンです。

さて、お持ち頂きました車両は、「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」というカラーで、少し強めのパールが入ったブラックカラーとなります。

新車といえども、下地処理を適切に行なわなければ、パール本来の輝きが損なわれます。
ちまたでは、この様な車両は下地処理をせず、コーティングを施す業者もありますが、当店では新車以上の輝きを追及している為、パール本来の輝きを更に輝かせるべく、きっちりと下地処理を行います。

下地処理による整えられたボディが仕上がって初めてコーティングを施すステップに移ります。
使用しているコーティング剤は、艶、輝きをさらに一段増す効果があり、加えて保護力、防汚力がアップする、当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。
またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年12月
施工内容:
リボルト・プロ無塗装部パーツコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工