- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト高知

トヨタ・アルファード

高知市よりお越しのA様

トヨタ 新車の30系アルファードでご用命を頂きました。

新車の場合は、磨かずにコーティングするというケースが一般的には多いかと思います。

が、当店の最上級コース「リボルト・プロ」の場合は違います。

工場で完成後、複数の人の手が入るので完璧な状態で納車することは至難の業になっています。
特にソリッドブラック(202)などは磨き跡やキズがもれなくついてきます。

新車でも最低限の下地処理(磨き)をすることで、艶・輝きが別物になりますし、コーティング剤の性能を最大限に発揮できるようになります。

クォリティを重視する場合は磨きは必須です。

当店の磨きは従来の「削る」磨きではありませんので、塗装が薄くなってしまうという事もありません。

下地処理の後は、低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」の2層のガラス被膜でボディを保護すると、しっとりと濡れたような深みのある艶が出ます。

img_4070.jpg

img_4087.jpg

img_4093.jpg

img_4110.jpg

当店のコーティングは全てのコースでUVカット成分配合ですので、紫外線による新車の日焼け防止にもおすすめです。

また、コーティングの効果で汚れがつきにくく、また落としやすくなりますので、
面積の大きなアルファードでも洗車がかなり楽になり、綺麗な状態を維持しやすくなります。

この度はご用命を頂きまして誠にありがとうございます。

施工時期:
2017年8月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工