- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト高知

TOYOTA・ ヴェルファイア

室戸市よりお越しのO様

今回入庫したお車、ヴェルファイア20系202ブラックです。
拝見させて頂いた瞬間これは深刻なダメージをおってるなと思い、全体をくまなく見ましたがやはり全体にオーロラ傷、無数の細かい傷でブラック本来の色がくすみ、痛々しい姿でした。
どうしてこうもなるのかオーナー様にヒアリングした所2回程、他業者で磨きを入れており、これでもまだましになった方と言われておりました。
ただ、どうしてもまだオーロラ傷が太陽光の下で目立つということで、当店にお越こしになられ、早速オーナー様の前で一部分を磨き比較して頂きました。

非常にデリケートな202ブラックです。塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのが下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となります。一般の個人コーティングショップでは簡単には真似が出来ません。

下地処理により美しく整ったボディに対して、次に行うのはコーティングです。艶、輝きをさらに一段増す効果があり、加えて保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤はリボルトオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

最小限の磨きで最大限の美しさを引き出す技術を使った上で、十分な膜厚を確保出来るガラス被膜をコーティングしますので、お車の塗装膜厚は、マイナスではなくプラスへと持っていかれます。

いたずらに磨きまくっている従来の下地処理技術とは次元が違う技術なのです。
その高度な下地処理技術に【リボルト・プロ】の圧倒的な膜厚が加わりますので、その効果の程は、お客様の期待を大きく上回るものとなります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

ヴェルファイア1

ヴェルファイア2

ヴェルファイア3

ヴェルファイア4

ヴェルファイア5

ヴェルファイア6

ヴェルファイア7

ヴェルファイア8

ヴェルファイア9

ヴェルファイア10

施工時期:
2017 4月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工